匠ブログ

特殊なミッション 5

ホンダ・オデッセイのカスタム報告が続きます。

先月、旅客機のビジネスクラスを目指したテーブルを紹介しましたが、シートベルトも旅客機タイプの二点式シートベルトを導入しようと思いつきました。

早速、部材を購入してみました。バックルのフラップをカパッと開いてバックルプレートを解除する、あの飛行機でおなじみのシートベルトです。

シートベルトは、バックル側とバックルプレート側の2つの部品で構成されています。まずはバックルプレート側のベルトを車両に元々備わっているプレート側のベルトと根元の部分で緊結しました。

次にバックル側のベルトです。やはり車両本体に固定されている標準仕様のバックル部材と緊結すればよいわけです。

ところが、この作業は非常に難儀しました。シートとバックルが近接しているため、固定のためのボルトとナットが収まらないのです。

結局、シートの基台部を分解してから両者を固定し、再度組み戻す、といった作業工程が要求されました。



苦労しましたが、無事に取付が完了です。


今回は二点式シートベルト(旅客機タイプ)の追加を報告いたしましたが、標準仕様の三点式シートベルトより簡便で、肩への拘束がないため、非常に快適です。ただし走行中は、旅客機に乗っているというより、高速バスに乗っているような錯覚を感じます。(笑)

来月はさらに進化させたカスタムを紹介いたします。


デザイナー 小野清一郎 2021年8月1日

輸入住宅のことならV.D.H.にお任せください。

設計にお困りの方もV.D.H.におまかせください。