blog 匠ブログ

※本編は一話目から順に掲載しています。最新の記事を閲覧したい場合は、左メニューの最新記事からお願いいたします。

横浜市神奈川区の細田歯科医院様 13

横浜市神奈川区の細田歯科医院様の3階への増築工事が竣工しました。まずは入口ドアですが、こちらは2階と全く同じデザインでまとめました。これにより空間の連続性を保ちました。

入口ドアを開くと2階とは全く異なる世界が展開します。

階段を2段上がって診療室に入ります。

診療室の大壁には、この抽象画をあえて額装なしで導入しました。クラシックな意匠と現代的な意匠をあえてミスマッチさせ、ここでも2階の意匠との融合を図ってみました。

診療台(歯科用ユニット)は2台設置されるとのことで、それぞれをこのパーテイションで分けました。上部を開放していますので、閉塞感はありません。

窓側の診療エリアです。

もう一方の診療エリアには収納と手洗い等のために設備を配置しました。

二つの診療エリアの間の扉からスタッフルームに入ります。スタッフルームにはロッカーと備品の貯蔵棚を設置しました。


診療室のキャビネット左側の扉からは医局に入ることができます。扉を開けるとこのような光景になります。


医局側から診療室への扉とバスルームへの扉を眺めた光景がこちらです。私がこだわったスキップフロアーの部分です。医局にはミニキッチンを設置しています。


向かって右側の扉からバスルームになります。バスルームはミニマリズムでまとめてみました。診療所としての衛生用品のストックも大量に収納できるように設計しました。


医局に戻ります。ミニキッチンと反対側の壁には大型TVを設置しました。このレイアウトは、診療室の額装なしの抽象画とイメージのリンクをさせています。双方の統一感と共通感から全体の調和を感じられるよう配慮しました。


TVの左の扉からは院長室になります。院長室のクローゼットドアはドレッサーとしての機能を持たせ、鏡扉としました。


そして、診療室、医局、院長室の全ての窓にはウッドブラインドを導入させていただきました。高価ですが、スラットを支えるテープまでコーディネイトでき、非常に高級感を演出することができます。


細田先生、竣工、おめでとうございます。歯科医院の事業拡大を心よりお慶び申し上げます。これからも地域医療に多大な御尽力をいただけるものと期待しております。


デザイナー 小野清一郎 2021年3月1日


特殊なミッション 1

今月からは少し趣向を変えて、特殊なお仕事の報告をしたいと思います。

弊社はデザイン会社なので、工業デザインのようなお仕事もたまに依頼されますが、今回は自動車の内装に関する作業をすることになりました。

対象となる自動車は弊社の関係者が購入したホンダのオデッセイというミニバンです。作業のお話をする前にこの車両の特徴から説明しなければなりません。

オーナーはお仕事上移動することが多く、その間の移動中にも仕事ができる車両が必要になりました。業務ではどうしても大型のパソコンモニターが必要なので、リムジンのような空間が確保できる車両はないかと探してみたところ、オデッセイが適合することが判明しました。この車は通常の3列シートのミニバンなのですが、3列目のシートを床下に収納して2列目のシートをかなり後方まで移動することができ、それにより巨大な空間を作り出すことが可能だということが分かったのです。

車両は先月納車されました。来月からはこの内装作業についてリアルタイムでお伝えしていきます。


デザイナー 小野清一郎 2021年4月1日


特殊なミッション 2

今月もオデッセイという乗用車の内装関係の仕事について紹介させていただきます。まず、最初に行ったのが、後席からの視界を拡大することでした。この車両は弊社の社用車として利用することが多く、お施主様を後席にお乗せした際に広い視界を楽しんでいただきたい、という発想からでした。

通常の視界はこのような状況です。

まずは助手席のヘッドレストを撤去しましたが、このままですとステーが収まる穴が空いたままで、なんとも見苦しいですね。

そこで、このようなハンドルを製作し、装着しました。

穴が塞がり、すっきりしました。

さらにカー用品店でこのようなフックを購入しました。

そしてハンドルに装着してみました。

完成です。後席からの視界はこんなに広がりました。快適ですね。


今回の作業では、新造する装備品を純正品ぽく見せることに拘ってみましたが、いかがでしょうか。来月は、二つ目の作業を紹介します。


デザイナー 小野清一郎 2021年5月1日


特殊なミッション 3

ホンダ・オデッセイのカスタム報告をお届けしています。今月は外装に手を加えましたので、その話題です。

弊社で採用したグレードの車種には18インチのホールが標準装備されていました。ホンダらしいかなりスポーティな味付けの仕様で、非常にタイヤ厚が薄いため路面のショックがダイレクトに車内に伝わり、乗り心地が硬すぎるという嫌いがありました。

ところがラインナップでは、下のグレードに17インチ仕様のものもあるのです。

早速、ディーラーに伺いこの純正の17インチホイールとタイヤのセットのお見積もりをお願いしたところ、さすがはメーカー純正品。とてもとても手が出ないお高い金額でした。

そこで、社外品の中から価格が手頃で純正品のデザインに近いものを探したところ、M I Dというメーカーさんが作っているR M P 016Fという商品を発見しました。それがこちらです。

ここまでは普通にホイール交換をしただけのお話になってしまいますが、ここからがV.D.H.の本領を発揮します。

ホイールに続き、E Cサイトでこちらの2種類の商品を購入しました。


これらの商品をM I Dさんのホイールに使われているセンターキャップに加工して取り付けました。こちらがホイールに戻した状態の画像です。バッチリ純正ホイールのようになりました。

実車にホイールとタイヤを装着します


それなりにホンダ純正のホイールを履いているような雰囲気を出せたのではないでしょうか。
来月はまた内装をいじりたいと思います。


デザイナー 小野清一郎 2021年6月1日


特殊なミッション 4

ホンダ・オデッセイのカスタム報告の続きです。

本来は3列シートの車なのですが、常時3列目のシートを格納し、2列目のシートを最大限後退させて広い居住空間を活かした使い方をすることとしました。

ただその場合、2列目のシート用に用意されたカップホルダーは、こんなに遠のいてしまいます。

かと言って3列目用のカップホルダーを使おうにも位置が後ろすぎて、非常に使い勝手が悪いのです。

そこでカップホルダー付きのテーブルを自作することにしました。まずは3列目用のカップホルダーの型取りをし、アクリル樹脂で充実型のアンカーを作ります。

このアンカーに基台となる金物を取り付けます。

そして3列目用のカップホルダーに装着します。ぴったりフィットしました。

次にテーブル部の設計を行います。本来は建築設計を生業としているので、この程度の三面図は朝飯前といったところでしょうか。

加工屋さんにアクリルで切り出しと製作をお願いし、テーブル部が出来上がりました。

このテーブルに蝶番とアルミステーを取り付けます。

そしてステーを先程の基台に挿入します。

できました。このようなカンチレバー式のテーブルの完成です。

使用しない時はこのように格納できます。カップホルダーの脇にシガーライターソケットがあったので、そこにLEDの読書灯を装着しました。

どうですか?旅客機のファーストクラスとは言わないまでもビジネスクラスくらいの雰囲気ではないでしょうか。

さて、問題はこれからです。構造がカンチレバーなので、耐荷重テストをしなければなりません。旅客機のビジネスクラスといえば、ドリンクとおつまみが定番なので、それらでテストしてみました。

テーブル部には全く問題なかったので、ステーをめいいっぱい延長して、さらに試験しました。こちらも合格です。

ミッション・コンプリーテッドです。完成しました。


デザイナー 小野清一郎 2021年7月9日


特殊なミッション 5

ホンダ・オデッセイのカスタム報告が続きます。

先月、旅客機のビジネスクラスを目指したテーブルを紹介しましたが、シートベルトも旅客機タイプの二点式シートベルトを導入しようと思いつきました。

早速、部材を購入してみました。バックルのフラップをカパッと開いてバックルプレートを解除する、あの飛行機でおなじみのシートベルトです。

シートベルトは、バックル側とバックルプレート側の2つの部品で構成されています。まずはバックルプレート側のベルトを車両に元々備わっているプレート側のベルトと根元の部分で緊結しました。

次にバックル側のベルトです。やはり車両本体に固定されている標準仕様のバックル部材と緊結すればよいわけです。

ところが、この作業は非常に難儀しました。シートとバックルが近接しているため、固定のためのボルトとナットが収まらないのです。

結局、シートの基台部を分解してから両者を固定し、再度組み戻す、といった作業工程が要求されました。



苦労しましたが、無事に取付が完了です。


今回は二点式シートベルト(旅客機タイプ)の追加を報告いたしましたが、標準仕様の三点式シートベルトより簡便で、肩への拘束がないため、非常に快適です。ただし走行中は、旅客機に乗っているというより、高速バスに乗っているような錯覚を感じます。(笑)

来月はさらに進化させたカスタムを紹介いたします。


デザイナー 小野清一郎 2021年8月1日