blog 匠ブログ

※本編は一話目から順に掲載しています。最新の記事を閲覧したい場合は、左メニューの最新記事からお願いいたします。

横浜市神奈川区の細田歯科医院様 13

横浜市神奈川区の細田歯科医院様の3階への増築工事が竣工しました。まずは入口ドアですが、こちらは2階と全く同じデザインでまとめました。これにより空間の連続性を保ちました。

入口ドアを開くと2階とは全く異なる世界が展開します。

階段を2段上がって診療室に入ります。

診療室の大壁には、この抽象画をあえて額装なしで導入しました。クラシックな意匠と現代的な意匠をあえてミスマッチさせ、ここでも2階の意匠との融合を図ってみました。

診療台(歯科用ユニット)は2台設置されるとのことで、それぞれをこのパーテイションで分けました。上部を開放していますので、閉塞感はありません。

窓側の診療エリアです。

もう一方の診療エリアには収納と手洗い等のために設備を配置しました。

二つの診療エリアの間の扉からスタッフルームに入ります。スタッフルームにはロッカーと備品の貯蔵棚を設置しました。


診療室のキャビネット左側の扉からは医局に入ることができます。扉を開けるとこのような光景になります。


医局側から診療室への扉とバスルームへの扉を眺めた光景がこちらです。私がこだわったスキップフロアーの部分です。医局にはミニキッチンを設置しています。


向かって右側の扉からバスルームになります。バスルームはミニマリズムでまとめてみました。診療所としての衛生用品のストックも大量に収納できるように設計しました。


医局に戻ります。ミニキッチンと反対側の壁には大型TVを設置しました。このレイアウトは、診療室の額装なしの抽象画とイメージのリンクをさせています。双方の統一感と共通感から全体の調和を感じられるよう配慮しました。


TVの左の扉からは院長室になります。院長室のクローゼットドアはドレッサーとしての機能を持たせ、鏡扉としました。


そして、診療室、医局、院長室の全ての窓にはウッドブラインドを導入させていただきました。高価ですが、スラットを支えるテープまでコーディネイトでき、非常に高級感を演出することができます。


細田先生、竣工、おめでとうございます。歯科医院の事業拡大を心よりお慶び申し上げます。これからも地域医療に多大な御尽力をいただけるものと期待しております。


デザイナー 小野清一郎 2021年3月1日


特殊なミッション 1

今月からは少し趣向を変えて、特殊なお仕事の報告をしたいと思います。

弊社はデザイン会社なので、工業デザインのようなお仕事もたまに依頼されますが、今回は自動車の内装に関する作業をすることになりました。

対象となる自動車は弊社の関係者が購入したホンダのオデッセイというミニバンです。作業のお話をする前にこの車両の特徴から説明しなければなりません。

オーナーはお仕事上移動することが多く、その間の移動中にも仕事ができる車両が必要になりました。業務ではどうしても大型のパソコンモニターが必要なので、リムジンのような空間が確保できる車両はないかと探してみたところ、オデッセイが適合することが判明しました。この車は通常の3列シートのミニバンなのですが、3列目のシートを床下に収納して2列目のシートをかなり後方まで移動することができ、それにより巨大な空間を作り出すことが可能だということが分かったのです。

車両は先月納車されました。来月からはこの内装作業についてリアルタイムでお伝えしていきます。


デザイナー 小野清一郎 2021年4月1日