blog 匠ブログ

※本編は一話目から順に掲載しています。最新の記事を閲覧したい場合は、左メニューの最新記事からお願いいたします。

氷川台たんぽぽ歯科クリニック様 5

今月も東京都練馬区にある氷川台たんぽぽ歯科クリニック様の案件をお伝えします。最終仕上げの続きです。

診療室ごとに壁紙の色を変えました。こちらはピンクの診療室です。

こちらはブルーの診療室。

こちらは受付周囲のカルテ棚です。

そして受付のカウンターにはサンプルを展示するガラストップをはめ込みました。

受付と廊下を眺めるとこのような様子です。

そしてこちらが待合室です。壁には掲示板を設けました。

来月はいよいよオープン直前の様子をお伝えします。


デザイナー 小野清一郎 2019年3月1日


氷川台たんぽぽ歯科クリニック様 6

東京都練馬区にある氷川台たんぽぽ歯科クリニック様の御開業の様子をいよいよお伝えします。まずはピンクの診療室がこちらです。歯科用ユニットと呼ばれる診察台も赤系を選びます。


ピンクの診療室はもう一つあります。同様に仕上げています。


こちらはブルーの診療室です。歯科用ユニットはブルー系になります。2枚目の画像は、受付カウンター前から眺めたものです。


ブルーの部屋はもう一つあり、こちらはカウンセリング室として機能します。

そしてこちらは患者様用洗面室です。治療前後の歯磨き等がしやすいように、空間を広く取りました。

黄色の壁紙を貼ったレントゲン室に機械が入りました。

こちらは院長先生がカルテを入力したり、機材の準備等をするスペースです。

最後に待合室の様子です。モニターを設置し、ソファとマガジンラックを配置します。掲示板には既にたくさんの掲示物が貼ってあります。


阿部祐明院長先生はじめスタッフの皆様、このたびは御開業、誠におめでとうございます。患者様も着々と増えているようで、デザイナーとしても本当に嬉しいかぎりです。心よりお慶び申し上げます。


デザイナー 小野清一郎 2019年4月1日


氷川台たんぽぽ歯科クリニック様 7

いよいよ時代は令和を迎えました。私も初々しい気持ちで新元号を迎えることができました。皆様はいかがでしょうか。

さて東京都練馬区にある氷川台たんぽぽ歯科クリニックが無事に御開業されたことを先月伝えいたしましたが、開業直前に看板製作の御依頼もいただきました。おまけの報告として今月は看板の製作についておしらせします。

お施主様からは柔和なデザインを依頼されました。周辺環境を損なわないような色彩を採用し、このような図案を提示させていただきました。

そのまま採用していただき、現場に照明器具とともに設置工事いたしました。


住宅街なので極度に主張するものは公害化します。かといって控え目過ぎては看板の機能を満たしません。非常に悩みましたが、お施主様には気にっていただきました。患者様も着々と増えているとのことで、一定の効果を生むことができました。


デザイナー 小野清一郎 2019年5月1日


鎌倉の又吉歯科医院様 1

今月から新しい施工例の紹介をさせていただきます。現場は、鎌倉市にある又吉歯科医院様です。

お父様の代に2×4で建築された戸建ての診療所ですが、息子様の代になり増築したいとの御希望でした。

こちらが原状のファサードです。方位は西を向いています。

こちらはファサードを南西方向から写した様子です。

診療室の入口は通常の戸建てに使用する玄関扉を利用しています。お施主様からの要望では、診療所らしい自動ドアに改修したいとのことでした。

そして従業員が出入りする勝手口が、患者様用の扉の左横に配置されています。要望として、この勝手口を建物の北側へ移設したいとのことでした。

こちらがファサードの左側面、すなわち北側の様子です。従業員用の勝手口をこちらへ移設する予定です。

実は今回の増築工事は、オリジナルの建物自体を設計施工された業者様に既に契約されていました。ところが、出来上がってきた図面に違和を感じたお施主様が弊社に御相談にお見えになり、弊社からその設計の問題点をいくつか指摘させていただきました。

その結果、他社様との契約を解除され、弊社と新たに契約されたという複雑な経緯がある現場なのです。

来月から、他社様が提案された工事計画の問題点を掘り下げて解説していきたいと思います。


デザイナー 小野清一郎 2019年6月1日


鎌倉の又吉歯科医院様 2

引き続き、鎌倉市にある又吉歯科医院様の報告です。

この図面は当初、契約された他者様の最終設計案のうち、メインとなるファサード(建物の正面:建築物の顔)です。実際の現地では、ファサードは西側を向いていたので「西面」と呼ぶことにします。図中の赤い矢印は無視していただくとして、皆さんはこの西面についてどのような印象を受けますか?ここは大通りに面する建物の顔ともいうべき面です。しかも、患者さんや来訪者が常に出入りする機能上でもメインとなる重要な構成面です。

こちらはファサードに向かって左側の面です。方角は北に面するので「北面」と呼ぶことにします。

原状では、従業員用の勝手口と患者さん用の玄関が、ファサードに並存していますが、このプランでは、勝手口をこの北面に移設しています。私も、この設計方針は正しい選択だと考えます。

北面に向かって左側の面、つまり東側を向いた面がこちら。「東面」と呼ぶことにします。ちょうどファサードである西面の反対側の面に当たり、建物の裏側ということになります。

そしてこちらが、南側に面する「南面」。ファサードに向かって右側の面に該当します。

さて、読者の皆さんは、このリノベーションのデザイン(設計)について、どのような印象を抱きましたか?

私の設計理念からは、「とてもとてもプロの仕事とは思えない、駄作中の駄作」と糾弾せざるを得ない、最低の代物です。どうしてこのような「落書き」が世の中で横行しているのか、本当に理解に苦しむところです。来月は、この「落書き」の問題点を具体的に指摘していきたいと思います。

なお、私が設計において常々守っている理念があります。それは当ブログのアーカイブでも綴っています。開口部の位置と大きさに関して(その1)(その2)を御参照ください。


デザイナー 小野清一郎 2019年7月1日


鎌倉の又吉歯科医院様 3

鎌倉市にある又吉歯科医院様の報告です。

前月に他社様の設計が杜撰であることをお伝えしましたが、具体的に何が問題なのかを今月は指摘したいと思います。

先ずは西面です。こちらが他社様の設計案です。

この設計案について、私がお施主様へお伝えした問題点は次のとおりです。

A.ファサードへの配慮に欠け、かつ、将来の漏水事故が懸念される屋根収め

B.ファサードの対称性を阻害する新設壁

C.対称性を欠いた屋根収め

D.意匠の審美性を欠いた屋根収め

E.対称性を阻害するように配置された新設壁

F.ファサードの審美性に一切配慮されていない開口部(窓)

そこで私が提案した改善案が、こちらです。

両者を左右に並べて比較してみます。


次に北面です。

この案における私が指摘した問題はこれらです。

A.ファサードへの配慮に欠け、かつ、将来の漏水事故が懸念される屋根収め

B.ファサードの対称性を阻害する新設壁

C.対称性を欠いた屋根収め

D.意匠の審美性を欠いた屋根収め

G.意匠の審美性が劣る開口部

これらに対処する私の修正案がこちらです。

両者を左右に並べて比較しましょう。


東面は建物裏面にあたり、修正はいたしませんでした。

最後は南面ですが、こちらが他社様のプランです。

この設計での問題点がこれです。

H.構造上疑義が生じる開口部

私の修正案です。

両者を並べて比較しましょう。


特にAの問題点は極めて深刻だと考えます。この設計を行った一級建築士の先生を訪ね、「屋根をそのまま突き
つけていますが、どのように接合するのですか」と質問させていただいたところ、「突きつけてシリコンでコーキングする予定です」との回答を得ました。これには驚きました。シリコンの耐久性については、さほど期待できないことが半ば常識なので、当然、直下の居室に漏水することが懸念されます。それについても質問させていただきましたが、言葉を濁され明確な回答は得られませんでした。

木造住宅にとって水は大敵です。雨仕舞いについて配慮に欠けた杜撰な設計がなされたことには、本当に驚きました。

来月は室内設計の問題について言及していこうと思います。問題だらけのケースでした。


デザイナー 小野清一郎 2019年8月1日


鎌倉の又吉歯科医院様 4

引き続き、鎌倉市にある又吉歯科医院様の報告です。

先月は立面図の問題点を挙げましたが、今月は間取りを平面図から検証してみましょう。問題のある他社さんの計画がこちらです。

この設計案について、私がお施主様へお伝えした問題点は次のとおりです。図中に示すとおり、黒線は既存の壁です。灰色線が撤去される壁で赤い線が新設される線です。

そこでお施主様には、この設計について私が問題だと感じた箇所を抽出し、丸印で示しました。それがこちらです。

とにかく醜悪な設計であることに間違いはありません。待合室の中に、それも極めて中途半端な位置に一本の柱が存在したり(#5)、目障りなだけでなく狭すぎる通路(#3)、無駄に出っ張り、邪魔としか言いようのない壁(#2)などなど、醜悪なだけでなく著しく機能性を阻害する要素がてんこ盛りという印象でした。

そこで私から提案させていただいた修正案がこちらです。黄色の線は却下すべき壁で、その代わりに新設すべき壁を青い線で示しています。構造的な検証も当然、行なった上での設計です。なお、図面には910mmピットのグリッドを施しています。これは材料費の無駄を極力排除し、工事費を低く抑えるための工夫を常に心掛けているからです。

上図をもとに最終案を清書したのがこちらです。

両者を改めて比較してみましょう。


無駄な出っ張りや引っ込み、邪魔な柱や壁、こういったものがそもそも設計に盛り込まれてしまうことが、正直、私には理解に苦しむところです。プロとしてこのような設計士や工務店が存在することに、この国の建築業界のレベルの低さを改めて痛感した事例となりました。

来月からは工事の様子をお伝えしたいと思います。


デザイナー 小野清一郎 2019年9月1日


鎌倉の又吉歯科医院様 5

いよいよ鎌倉市にある又吉歯科医院様の現場報告です。一気に紹介します。こちらが工事前のファサードの様子です。

そしてこちらが工事後です。開口部のアライメントがすっきりしていることがわかります。

こちらは工事前の南西方向からの眺めです。

こちらが工事後の様子。

仕上げでこだわったのは、サイディングの選択です。サイディングは敢えてオリジナルのものとまったく異なる色とテクスチャーのものを選ぶました。

御覧のように増築部分をデザインのアクセントにしたのです。こうすることで、増築特有のとってつけた感を消すことができます。


デザイナー 小野清一郎 2019年10月1日


鎌倉の又吉歯科医院様 6

鎌倉市の又吉歯科医院様の続きです。一気に紹介します。こちらが工事前の待合室です。

上の画像の位置に受付を移動させました。こちらが竣工後の様子です。

工事前の受付の位置と様子です。

北米建材を使用して高級感を演出しました。

トイレも北米建材を使用しました。

北米建材と家具としての鏡を導入することで高級感が増しました。

内装には随所に弊社が得意とする北米系の建材を採用しました。ちょっとしたことですが、非常に高級感が創り出されます。


デザイナー 小野清一郎 2019年11月1日