blog 匠ブログ

※本編は一話目から順に掲載しています。最新の記事を閲覧したい場合は、左メニューの最新記事からお願いいたします。

買付けツアーのその後 15

 先月から引き続き、内装仕上げの様子をお伝えします。
 診療室の消毒エリアのキャビネタリーが完成しました。

 私はもともとアメリカのキャビネタリーを利用したキッチンの設計が大好きで、全体のバランスやアライメント(配列)にはいつもミリ単位でこだわっています。今回のようなI型のシンプルな設計でも、窓とのアライメントをきっちり詰めて設計していくと、このように凛とした美しさを得ることができます。
 そして建築関係者の方々には御理解いただけると思うのですが、キッチンの両サイドにフィラーという帳尻合わせの部材を一切使っていません。当然かなり精度の高い施工が要求されますが、この課題をクリアすれば、このように完璧なアライメントを作り上げることができます。
 そして、歯科用の診療台が設置されました。

 その他多くの機材や資材が設置され、診療室は完成しました。

 こちらは診療室から玄関側を臨んだ風景です。

 待合室の壁紙は、私の推奨するコンビネーションを採択していただきました。

 弊社をはじめ関係者から、待合室のテレビモニターを新築及び御開業のお祝いとして贈呈させていただきました。

 2階の建具も取付が済みました。こちらは収納扉です。

 そしてこちらがミニキッチンの入った水場です。

 こちらは2階のトイレからカンファレンスルームを眺めた様子です。

 最後にスタッフルームの扉を閉めた状態を紹介します。アメリカの扉は、安くても意匠が素晴らしいですね。ドアノブも3,000円程度のものですが、凝ったデザインをしています。私が北米の建材にこだわる理由がここにあります。

 来月は、いよいよ外構工事に取り掛かります。


デザイナー 小野清一郎 2018年3月1日


買付けツアーのその後 16

工事も最終局面に入ってきました。今月は外構工事から竣工の様子をお伝えします。
まずは玄関ポーチ部分の枠組みをブロックで構成します。スロープも形づくっていきます。

枠組みが出来上がり、コンクリートを打設します。

コンクリートの硬化後、コラム(ポーチの柱)を固定します。

次に駐車場の輪止めを設置します。

]

隣地との境界にブロックを敷設して見切ります。

商業施設(医療機関)ですので、看板も大事です。今回は看板のデザインのお仕事も頂戴いたしました。
アメリカの歯科医院のような看板を作って欲しい、との御要望を頂戴しました。お任せください。そのテイストは弊社の最も得意とする領域です。(笑)
というわけでこのような看板をお作りしました。

そして、残りのエリアにはインターロッキングという舗装材を敷き詰めていきます。

敷き詰めが完了しました。

最後の仕上げとして、目地材となる砂を全体にまんべんなく撒きます。

出来上がりました。竣工です。

S先生、御開業、誠におめでとうございます!
すっかり周辺環境に溶け込んだ瀟洒な洋館の歯科医院ですね。地域医療にこれからは思う存分、腕をふるってくださいませ。この度は御用命を賜り、誠にありがとうございました。


デザイナー 小野清一郎 2018年4月2日


トリミングサロンLANA様 1

今月からは店舗の事例をお伝えしようと思います。お施主様はトリミングサロンLANA様です。現場は横浜市鶴見区のテナントです。現状が次の画像です。

今回の現場で非常に面白かったのは、設計に対するお施主様からの付帯条件として、こちらのアンティークの扉を使用して欲しい、との要望が寄せられたことでした。

とってもお洒落で、味わいのあるパネルドアです。真鍮のハンドルがアンティークとしての重厚感を醸し出していて、デザイナーとしてはビビッときました。コンセプトは50年代のアメリカのダイナーでしょうか。来月は工事の様子をお伝えします。


デザイナー 小野清一郎 2018年5月10日